それなりに節約して旅するブログ

あまりお金は使わないで旅行しようと思います。と言っても大体1泊1万円以内で満足感の高そうな宿を中心に。

成田から札幌(新千歳)までジェットスターとバニラエアなら持ち込み手荷物の差でバニラかな?

先日、北海道半周する旅行に行ってきました。東京から札幌(新千歳)まではさまざまな航空会社が運航していますが、値段で考えるとどうしてもLCCジェットスターかバニラエアになるのではないでしょうか。

JALANAと言ったナショナルフラッグキャリアだとマイルを使うのは別として、通常の料金では3万円以上しますし、かなり早割でも1万円以上は確実。HISなどのツアーでの参加であればもっと安くできますが、それだとどうしてもホテル代が無駄になってしまいます。LCCであれば東京~札幌まで平日5000円くらいから買うことができます。

LCCの場合は基本成田空港が発着なのでそこまでの移動費を考えると大手航空会社と変わらないのではと考える方もいるかもしれませんが、東京駅から900円で成田空港まで運んでくれるバスもあるので移動費は全然考慮しなくても大丈夫です。時間も1時間くらいなのでイメージよりもかなり早く成田空港まで着くことができます。

そんなわけで今回の北海道旅行にはLCCジェットスターとバニラエアを使いました。

値段についてはキャンペーンなどもあって一概に比較はできません。今回の旅行ではバニラエアがわくわくバニラというキャンペーンを行っていたためかなり安く札幌まで行くことができました。

 

安くなった分は座席指定をしてしまったので、バニラエアを利用して成田→新千歳は4460円。片道5000円を切っています。
帰りのジェットスターは、こちらも座席指定をしたので5790円。往復で1万円ちょっと、座席指定しなければ1万円以内で往復できます。
LCCの注意点としてはここまで安いのは基本オフシーズンの平日です。夏休みや年末年始、GWや週末はそれなりの値段になります。

狭いと言われるLCCですが、実際に搭乗してみた感想としてはそこまで窮屈には感じません。といっても僕の身長は165cmなので175cm超える人にはかなりきつくなると思います。あと足が長い人。どちらもスペース的には問題ないのですが、ヘッドレストの角度がバニラエアの方が適していると思いました。何となくですがジェットスターヘッドレストの出っ張りが気になるんです。

と正直ここまではバニラエアもジェットスターもそこまでの差はないです。価格表を見比べて値段の安い方を選ぶと良いと思います。ジェットスターもバニラエアも価格比較がしやすいサイトになっているので最安値はすぐに分かるはずです。

そしてジェットスターとバニラエアの最大の違いは機内持ち込み荷物の重量にあるのではないでしょうか。大手航空会社であれば荷物の重量はほぼ気にすることがないと思いますが、LCCでは機内に持ち込む荷物の重量が厳密に決められていて、それを超える場合は受託手荷物として別途料金を支払わなければなりません。それでも事前に受託手荷物を依頼しておけばそれなりに安く預けられるので大手航空会社よりも安くなります。

ではジェットスターとバニラエアどちらが機内持ち込み手荷物が多いのか。それぞれサイトで確認してみると。

ジェットスター→7kg

www.jetstar.com

 

バニラエア→10kg

www.vanilla-air.com

 

3kgもの差があります。今回実際に搭乗してみてわかったのですが、この3kgは思っている以上に大きな差です。今回、僕は3泊4日の旅行だったので着替えを3日分、ハンドタオル2枚、ノートパソコン、ミラーレス一眼、三脚、モバイルバッテリー、充電関連のケーブル、サブの小さめのショルダーバックなどなど大きめのリュックサックに入れて大体7kg。往路がバニラエアだったので全然気にならなかったのですが、復路がジェットスターだとお土産を買ったら完全にアウトです。

カメラやパソコン、三脚がなければ余裕なのですが、それでもお土産を買うとぎりぎりになってしまう人も多いでしょう。なので帰りにそれなりの荷物の重さを考えている人はバニラエアを利用した方がいいと思います。

それと自宅で手荷物の重量を量る方法としては、体重計を使うのが簡単です。単純に荷物を詰めてそれをもって体重計に乗れば、その重さ引く普段の体重で大体の荷物の重さを計ることができます。

あとはお土産などは思い切って北海道から郵送してしまうのも良いと思います。20キロくらいまでなら2000円以内で北海道から東京まで運んでくれるので、受託手荷物として預けるよりも安く、手ぶらで帰ることも可能です。

そんなわけでもし北海道へ安く旅行したい場合はバニラエアを優先的に、キャンペーンなどによってはジェットスターを考えると良いと思います。

twitter.com