それなりに節約して旅するブログ

あまりお金は使わないで旅行しようと思います。と言っても大体1泊1万円以内で満足感の高そうな宿を中心に。

十勝岳や十勝岳温泉をドライブするときはキタキツネに気を付けよう

6月に北海道半周をした際、最後に時間がなかったものの十勝岳をドライブしてきました。十勝岳は以前、「十勝岳温泉 凌雲閣」に宿泊したことがあります。その時は12月で雪も積もっていたため、町営バスで「十勝岳温泉 凌雲閣」まで運んでもらいました。

今回は夏のため自分で運転して十勝岳温泉を目指します。凌雲閣は標高が1200m以上の場所にあり、北海道でも一番の高所にある温泉とのことです。上富良野から車で3、40分程度かかります。

ドライブしてみると適度なワインディングで運転が好きな人には非常に楽しい道なのではないでしょうか。

楽しくドライブできるのですが、ぜひ注意してもらいたいのがキツネです。北海道の動物と言えばキタキツネを思い起こす人も多いと思います。でもいくら北海道でも札幌などの都会では見れないですし、地方に行っても車を運転していればなかなか気が付かないものです。

僕も何回か北海道をドライブしましたが、キタキツネを見るのはそのドライブのうち1回あるかないかです。まあ、それでも多いのかもしれませんが。

でもこの十勝岳は違いました。キタキツネだらけ、と言っても過言ではないほどキタキツネがいます。十勝岳のふもとから凌雲閣、そしてふもとまで下る間に4回ほど確認しました。

しかも道の真ん中を堂々と歩いています。僕がはじめに十勝岳で見たのが、カーブを曲がった先にちょこんと座っているキタキツネです。慌ててブレーキを踏んでことなきを得ましたが、キタキツネは全然動きません。せっかくだし写真を撮るかと、スマホを構えようとするとキタキツネが近付いてきます。そしてドアの横まで来ました。

f:id:ara40ojisan:20170816152720j:plain

警戒心ゼロ!こんなに間近でキタキツネが見れるとは、とちょっと感動していましたが、考えてみたら非常に危険です。今回はカーブを曲がった少し先にキタキツネが座っていたから良かったけど、曲がってすぐのところにいたらひいていたかもしれません。

ぜひ皆さんも十勝岳をドライブする際はキタキツネが多くいることを気に留めておいてください。

十勝岳に限ったことではないですが、北海道をドライブするときはほんと動物には気を付けないと。稚内では鹿が普通に住宅街を歩いていたし。

それにしても写真のキツネはキタキツネなんだろうか。ここまで書いておいて良く分からないです。

 

 

 

大涌谷の渋滞を回避して午前9時前に並んで黒たまごをゲットしよう

先日、箱根に行ってきました。お盆ということもあり到着するまで東京から5時間くらいかかってしまいました。やっぱりお盆は家でゆっくりするのがいいですね。

 

でもせっかく箱根まで行ったのでくるくる回ったのですが、箱根の中でも一番やばい渋滞が大涌谷です。

 

大涌谷は黒たまごで有名です。先年までは規制がありましたが、今は解除されています。

 

大涌谷へは宮ノ下方面か芦ノ湖方面から行くことができるのですが、大涌谷へはその両方から集まった車が合流して一本の道に入るため渋滞が物凄いのです。

 

なので大涌谷で並ばずに黒たまごをを手に入れるためには朝行動することが大切です。

f:id:ara40ojisan:20170814180911j:image

f:id:ara40ojisan:20170814180925j:image

 

お盆期間中、僕は芦ノ湖方面から出発し8時57分に大涌谷の交差点に着きましたが、すでに行列。でも9時の開門とともに流れ出して大涌谷の駐車場には9時10分に入ることができました。宮ノ下方面からの渋滞は既になくなっていてのであ、先に宮ノ下方面が入れるのかもしれません。

 

以前大涌谷は黒たまごを作っている源泉?のあたりまで入ることができたのですが、まだ火山性のガスが強いため通行止に。基本的に黒たまごを買うだけのために行くような感じです。晴れてれば富士山は見えるかも。

f:id:ara40ojisan:20170814180947j:image

 

黒たまごを購入後、早々に駐車場を出たのですが、すでに渋滞が始まっていました。

 

もし、大涌谷で黒たまごを買おうと思ったら、9時前に並ぶことをお勧めします!

 

道東阿寒湖のニュー阿寒ホテルはバイキングのイクラ食べ放題と温泉、そして天空スパが気持ちよすぎる

北海道半周の旅、初日の宿は阿寒湖です。私は新千歳空港からレンタカーを借りて、夕張やナイタイ牧場を回ってきたのでかなり時間がかかりましたが、新千歳から足寄方面まで高速に乗れば5時間もかからないで着くかもしれません。LCC使わないなら釧路空港や女満別空港からの方が近いですね。

 

阿寒湖と言えばマリモ。僕も30年近く前に両親と祖父、妹と一緒に道東を観光した際に阿寒湖の中にあるマリモ観察センター来た記憶があります。そして宿泊も阿寒湖だったのですが、どの宿かは忘れてしまいました。

 

今回は1泊1万円以内と言うことで阿寒湖のホテルを探していたのですが、案外余裕で見つかりますね。その中でも口コミの評価が高いニュー阿寒ホテルに泊まることにしました。

www.newakanhotel.co.jp

 

決め手としては2食付きの値段とバイキングの内容。他のホテルでも似たような値段で2食付きもあるのですが、夕食の評価としてはニュー阿寒ホテルが頭一つ上な感じ。

お食事 | 北海道阿寒湖温泉 ニュー阿寒ホテル公式ホームページ

 

さすがにこの公式ページの写真ほどではないですが、寿司やカニ、ステーキ、ジンギスカンなどなどかなり豪華なバイキングです。ただ、ジンギスカンはそんなにおいしくなかったので、他の料理をたくさん食べた方がいいと思います。

 

なにより良かったのが朝食に出てきたイクラ食べ放題!まさに北海道に来て良かった、と思える朝食バイキングでした。出てきたイクラは粒が少し小さいので鱒子なのかもしれませんが、食感は通常のイクラよりもプチプチしていて非常に歯触りがよく、味も全く遜色ありません。

f:id:ara40ojisan:20170727120039j:plain

 

続きを読む

釧路最強のビジネスホテル「釧路ロイヤルイン」の朝食バイキングはやはり最強だった

先日、北海道を青春18きっぷでぐるっと回ってきたときのことですが、釧路にも宿泊しました。その時に宿泊したのが釧路ロイヤルイン。

釧路ロイヤルイン

なぜここにしたかと言えば遠い昔に朝食バイキングがものすごい充実している、特にパンがすごい、と言うのをどこかテレビで見たことを覚えていたからです。釧路に来る用事なんてないと思っていたので釧路ロイヤルインに泊れるのがちょっと楽しみでした。

宿泊費はシーズンや曜日によっても違いますが、シングルで6000円前後で朝食付き。かなりリーズナブルです。部屋自体はごくごく普通のビジネスホテルの部屋。広くもなく狭くもなく、風呂も良くあるタイプです。フロントの人の対応が良かった気多くがあります。

続きを読む

おっさんが一人旅をすると宿に困ることがある

友達と行く旅行も楽しいのですが、一人旅はなんといっても「自由」という最高の贅沢があります。その日の気分によって行き先を変えることもできるし、天気が悪くても「仕方がない」と思って気を使わずに旅行を楽しめる。

 

そんな楽しい一人旅ですが、弱点もあります。まず料金が高くなる。複数人で行けばレンタカーもガソリン代も割り勘、宿も人数が多い方が値段が安くなります。

 

そして最大の問題点は宿泊先によってはそもそも「一人のプラン」が無いということ。

 

あーこの旅館雰囲気いいなーとか、露天風呂気持ちよさそうとか思っても一人で泊まるプランがそもそもないので候補から外さざるを得ない。最近では一人旅用のプランが増えてきてはいるのですが、まだまだ一人NGの宿が多いです。

 

それは仕方のないことで、宿側からしてみたら複数人が泊まれる部屋なのに、一人しか泊まらないと売上が落ちてしまいますからね。僕としては素泊まりで二人分の料金を提示してくれれば泊まってもいいなーとも思いますけど。

 

でも僕の趣味は一人旅。ビジネスホテルに泊まることもありますが、基本的には温泉付きの宿を探して泊まっています。

 

あまり多くの場所に行っているわけではないですが、一人で泊まれてなおかつ温泉が楽しめる、旅行気分が味わえる宿を今後紹介していきたいなーとも思っています。

 

逆に一人旅でも泊まれる良い宿があったらぜひ教えてください!なぜか九州方面ってなかなか一人旅で泊まれるよさげな宿が無いような気がするんですよね。

 

 

成田から札幌(新千歳)までジェットスターとバニラエアなら持ち込み手荷物の差でバニラかな?

先日、北海道半周する旅行に行ってきました。東京から札幌(新千歳)まではさまざまな航空会社が運航していますが、値段で考えるとどうしてもLCCジェットスターかバニラエアになるのではないでしょうか。

JALANAと言ったナショナルフラッグキャリアだとマイルを使うのは別として、通常の料金では3万円以上しますし、かなり早割でも1万円以上は確実。HISなどのツアーでの参加であればもっと安くできますが、それだとどうしてもホテル代が無駄になってしまいます。LCCであれば東京~札幌まで平日5000円くらいから買うことができます。

LCCの場合は基本成田空港が発着なのでそこまでの移動費を考えると大手航空会社と変わらないのではと考える方もいるかもしれませんが、東京駅から900円で成田空港まで運んでくれるバスもあるので移動費は全然考慮しなくても大丈夫です。時間も1時間くらいなのでイメージよりもかなり早く成田空港まで着くことができます。

そんなわけで今回の北海道旅行にはLCCジェットスターとバニラエアを使いました。

値段についてはキャンペーンなどもあって一概に比較はできません。今回の旅行ではバニラエアがわくわくバニラというキャンペーンを行っていたためかなり安く札幌まで行くことができました。

続きを読む

京都に行くなら深夜高速バスを使って清水寺と伏見稲荷の千本鳥居を見に行こう

f:id:ara40ojisan:20170612191206j:plain

東京から京都に旅行に行くとき、多くの人は新幹線を使うと思います。そして次に有力な移動手段としては高速バスでしょうか。僕は両方とも使ったことがあるのですが、もし京都をより楽しみたいと言うことであれば深夜高速バスを利用することをお勧めします。

僕の知識は5年くらい前でとまっているので、外国人観光客が増えた現在となっては意味がないかもしれません。しかし、それでも深夜高速バスで京都に行くメリットはあると考えます。深夜高速バスを使うメリット。それは旅費が安くつくと言うこともありますが、なんといっても早朝に到着することが出来ると言うのが最大のメリットです。

続きを読む